スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育ってます




体重を測ったら・・・

洸くん、4.8キロになってましたーーーー(≧∇≦)


image_20130325002731.jpg
↑ウチにきた頃の洸



いや〜、でっかくなってるな〜とは思ってたけど、

身体つきが犬っぽくなってきたな〜とも思ってたけど、

データで見ると成長感じます。

うん、ちゃんと育ってマス!

ちなみに2号はマイナス3キロ。ダイエット成功(^_^)v

ナゼに犬のダイエットは頑張れるのに、自分は出来ないんだろう…。フシギだね〜。



image_20130407161441.jpg
↑最近の洸






では、ここからは、真面目に、現在の洸くんの状態をお知らせします。



洸は、我が家に来たときから、

虫刺されの様なプチっとした出来物が体中にありました。


虫刺されだと思い込んでいた私。

このまま自然に治ると思っていました。


治っていく過程で、

出来物が消えると共に、その部分の毛が抜けてきました。


当然、その後 新しい毛が生えてくると思っていたら…


毛は生えてこず、皮膚が茶色っぽくなってきて、

初めて「おかしいかも?」と思い、チチさんに相談。


その後、病院に行ったのですが

診断結果は「ニキビダニ」でした。



ニキビダニは母犬の母乳を飲む時などに母子感染する、

通常は害のない寄生虫です。(マラセチアとかと同じような感じ)

ほとんどの子は、トラブル無く、健康に暮らしています。

(でも、ほとんどの子がもっているらしい)

ただ、寄生される側の[体力・免疫力などの低下]等により、

バランスが崩れ、増殖し、発症してしまうようです。


(人にはヒトニキビダニが寄生し、犬ニキビダニは移らないようです。

犬に対しては、ほとんどの犬が元々持っているので、

同居犬の抵抗力や体力が落ちていないなど、その子が健康であれば

寄生のバランスは崩れない。つまり、発症しないそうです。)



たいてい、子犬の場合は自然治癒してしまうそうですが、

(子犬の場合、約3ヶ月ほどで90%の子が治っている)

洸は体全体に出ているため、

塗り薬と薬用シャンプーでニキビダニを減らし、

あとは食事やサプリで体力と免疫力をあげて、

健康体にして症状を治していこうと思っています。

(注射や飲み薬もあるのですが、

なるべく、洸に負担のかからない方向で行こうと思います。

もちろん保護主チチさんとも確認済みです)




もう少し早く、様子を見ずに、スグに病院に行っていたらと思うと

洸には申し訳ない気持ちです。


ほんとにゴメンナ、洸。

なるべく洸がネムネムの時に薬塗るようにするから。

バタバタ逃げるの、ぎゅって抑えるけど我慢してね。

シャンプー、苦手やけど頑張ろう。

ドライヤーでウトウトしてもらえるように優しくするからね。



これからしばらく、洸くんは治療を頑張ります。

塗り薬とシャンプーなので、痛みは無いデス。

洸くんは賢くて強いオトコのコだもん。頑張れるよ。

治るまで気長にがんばろーね!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:start
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。